頬のシミ 化粧品

シミは化粧品で薄くできます!

シミは女性だけでなく男性(!?)も誰でも気になります。
何とかしたい!と思われている方も多いハズ。

 

レーザー治療やフォトフェイシャルなどシミの治療はありますが、
化粧品でも何とか薄くできないかと思われている方、大丈夫です。
化粧品でもシミに効果があるものはあります!

 

シミを化粧品で薄く、消していくときのポイントはズバリ、
薄くする」と同時に「予防する」、そして「できにくい肌を作る」ことが大切です。
それぞれに効果のある成分を取り入れることでシミは薄くなります

シミを薄くする成分

小さなシミ、濃くなってきたシミ、気になってベースメイクで隠していませんか?
そうなると厚化粧で老けて見えてしまいます。

 

シミを薄くする、ピンポイントなシミに特に効果を発揮する成分を紹介します。
それがハイドロキノンという成分です。

 

ハイドロキノンはアメリカでは最も有名な美白成分で
美しい白い素肌が維持できるとハリウッドセレブご用達の成分です。
日本では2001年より使用されていますが、品質管理が難しいため
高い技術力のある製薬会社や化粧品会社に限定されています。

 

現在、皮膚科医が肝斑の治療に処方しているなど、
濃くなってしまったシミを薄くする成分としては、現在ハイドロキノン以上に効果的なものはないほどです。

シミを予防する成分

メラニンの発生を抑えてシミをできにくくする予防系の美白成分は数多くありますが、
特に美白予防に優れているのがシムホワイト377という成分です。

 

最近注目されている成分で、メラニンの抑制というと「ハイドロキノン」をイメージされる方も
多いと思いますが、ハイドロキノンよりも効果が高いことが実証されています。

 

また、アルブチンやコウジ酸などの美白成分の22倍以上もの予防効果を発揮する成分で
メラニン発生をブロックする力が高いため、日焼け後のケアなどにも注目を集めている美白成分です。

 

気になる副作用のリスクも植物由来の原料のため、
肌への刺激が極めて少なく敏感肌の方でも使用できる安全成分も嬉しいところです。

シミのできにくい肌を作る成分

シミのケアで疎かにしがちなのが「シミが新たにできないようにする」ということです。
折角、今まであるシミを消すことができても次から次へと新しく出来てしまっては意味がありませんから。。。

 

このシミができにくい肌作りで必要となるのが抗酸化型ビタミンCという成分です。

 

紫外線を完全に避けることができれば問題ありませんが、
日常生活をしててそんなことは無理です。
紫外線にお肌がさらされるとシミの原因になる活性酸素が発生してしまいます。

 

この活性酸素が発生を防ぐのに有効なのが抗酸化型ビタミンCなんです。

 

活性酸素を消去する働きを持ったビタミンCをお肌に与えることによって
シミができる原因を取り除くことが可能になります。